おめでとう!ピース又吉が芥川賞受賞♪でもなんで?裏側に隠れる大人の事情

おめでとう!ピース又吉が芥川賞受賞♪でもなんで?裏側に隠れる大人の事情

お笑い芸人ピース又吉がなんと芥川賞作家になっちゃったぞ!ふぇぇぇw。芥川賞と直木賞、文集さんはどっちをとらせるなんて話もありましたが・・・実現しちゃいましたね。

劣化整形激太り♪およそ世間の模範的な女子が好みそうなネタを拾ってくるのがあてくしのお仕事。だってあてくしもまた一般的な女性ですからw。

しかしそこをあえての、今日は文学ネタ。この事実に隠された大人の事情というかマーケティングというか・・・淑女としてはこの手の世の中の仕組みもお勉強しなくちゃネ。

又吉好きでしょ?最近は勢いも減ったけど、ネタは面白いもんねw

スポンサーリンク
広告1

ピース又吉が芥川賞?

お笑い芸人が小説出しました!って感じで注目されたのが、ピース又吉せんせい執筆の小説「火花」でございます。

出た当初「おおスゲー!」ってなって、本人も作家コスプレさせられて、いろんな場面で起用されまくりwだいぶガッポリいったんじゃないでしょうかwww。

ピース又吉が芥川賞受賞

こんなのとか

又吉=文学青年?というイメージ。以前から小説好きというのは好評していたので、この流れはスムーズにみんなの中に定着してしまいました。むしろ又吉おめでとう的な歓迎ムードです。

そしてついに芥川賞受賞までいきついてしまいました!これには出版業界全体を巻き込んだ深~い事情があるといいます。・・・たぶんみんなの想像通りだけど♪

ピース又吉新潮文庫

こんなのとかネ♪

苦戦する出版業界

お察しの通り昨今の出版業界は困窮しています。それはスマホの普及とともにより顕著になってまいりました。皆様が日刊女性をご覧いただいているのが何よりの証拠w。

そしてそれは小説業界にも伝染しています。キンドルなどを代表する電子書籍の席捲です。

電子書籍

マンガも電子書籍の時代でっせ!

ま、そこは電子書籍が売れれば出版社的にはまだ良いのですが、小説以外にも楽しいコンテンツはネット上にごろごろとあるワケでして。しかも無料だったりもします。スマホゲームなんかがいい例ですね。

そして若者の小説離れが危惧されていたわけです。スマホゲームなんかはまんま世代がかぶりますからね。そこへ神の如く降臨してきた救世主、それがピース又吉せんせいだったというわけ。

又吉という広告塔

そもそもこの賞、本を売るための賞ですからね。毎年受賞した作品は売上を伸ばし増刷がかかります。しかしその賞も年々効果が薄れつつあるのも事実。

一部の売れっ子作家が賞を分けあうような形になってしまっています。それも仕方ない、売れる作家の本を伸ばしたほうが確実ですからね。

こと芥川賞に関しては石原慎太郎氏が選考委員から消えて、選考される作品の質が上がったと言われているようですが、セールスとしてはいまひとつという状態。

お笑い芸人が初受賞という話題性は喉から手が出るほど欲しいはずです。

芥川賞と直木賞の違い?

芥川賞と直木賞の違いは純文学と大衆文学の違い。なんともあいまいな線引きですが、芥川賞として候補に挙がっても直木賞の方がふさわしいと判断されるとそっちにまわされることもあるそう。逆のパターンももちろんあります。

どちらも新人の為の賞だったはずなのですが、近年は直木賞が、中堅どころの作家の受賞が目立っています。なので新人ではないからという理由で賞を辞退した伊坂幸太郎のような例もあります。

代わりに大衆文学での新人賞は本屋大賞が担っているみたい。時代と共に少しずつ意味合いが変わってきている様子です。

というわけで、基本的には新人を選出する芥川賞ですから、又吉はこちらでしょう。

又吉は芸人としては終了なのか?

これが一番危惧されている部分のようです。芥川賞を獲ったということは、これから一生芥川賞作家と呼ばれることになるわけです。芸人にしてはちょっと重すぎる肩書きか?

今後どのように変わっていくかは分りませんが、それも又吉さん次第なのかなー。

個人的にはお笑いも好きだけどさ、ちょっとわかりにくくないですか?あの笑いw。

それを考えると、このまま小説家を突き進んでいった方がいいような・・・いやもったいないような・・・。

加藤シゲアキ

彼に賞あげて~

それよりもNEWSの加藤シゲアキくん!
彼に賞をあげてください!
そうすればジャニーズファンがこぞって買いに走りますぜぇ~♪
Ψ( ` ∀´)Ψケケケ

記事の評価
スポンサーリンク
広告1
広告1

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。