女優能年玲奈の受難は続く…独立騒動と事務所の対立まとめ!復帰はいつ頃?

女優能年玲奈の受難は続く…独立騒動と事務所の対立まとめ!復帰はいつ頃?

おっはー。連日の?能年玲奈ちゃん関連の独立騒動。ぶち切れテープが流出とか残念なニュースが流れています。

そもそもなんでこんなことになっちゃったのか?いろんな情報が交錯しすぎて、少々混乱気味になっているこのネタ。

そろそろジャニーズ脳のあてくしにも理解できるように、簡単かつ簡潔にまとめてもいい頃あいかなと思い、重い腰を上げてみましたよ~♪

スポンサーリンク
広告1

能年玲奈の独立騒動とは?

簡単に、そう簡単に書くとこれは「能年玲奈と事務所社長の対立」ってことになるみたいですね。

能年玲奈ちゃんの言い分としては、仕事をさせてもらえないというもの。希望する仕事をさせてもらえないというところにある様子です。

これだけ聞いてしまうと「なんだワガママか…」となってしまいそうですが、一応内容をみてみると・・・

[引用]
「週刊文春」(文藝春秋)5月7・14日合併号は能年サイドに立ってこの洗脳を真っ向から否定。逆に能年が事務所からいかにひどい扱いを受けていたかを暴露した。

月給はわずか5万円、『あまちゃん』後に仕事を干され、彼女が望んでいた『進撃の巨人』の出演を勝手に断わられ、さらには事務所のH社長からパワハラ発言を浴びせられた……。
(excite)

とこういう事情だった様子です。あまちゃんのあとに映画「ホットロード」もありましたけどね。じつはこれはレプロエンタテインメントのワンマン社長のごり押しで決まったものだと言います。

能年玲奈 ホットロード

そして見事にコケました・・・

レプロエンタテインメント社長?

現在能年玲奈ちゃんの所属している事務所のH社長。この人物、人を見る目には定評があるわけですが、感情的で、キレると手がつけられないというはなし。

[引用]
とにかく感情的な人で、一度キレたら手がつけられない。素材を見ぬく目はもっているんですが、自分の感情や思いつきを押し付けすぎるので、その後の作品選びや戦略で失敗しているケースが多い。

計算ができないんですよ。能年についても、もう、商売とかどうとかじゃなくて、子供の喧嘩みたいになっている。そういう意味じゃ、芸能プロデューサーとしては失格かもしれませんね
(リテラ)

あぁ、どこかで聞いたことがあるというか、あてくしも体験したことがあるようなwww。

つまり、この幼稚じみた感覚で暴言などを浴びせられ、仕事を干された能年玲奈ちゃんが「あたし独立します!」と宣言したところ「なんだとー!」ってなってこの泥沼報道合戦が始まったといういきさつです。

この騒動で同じ事務所の川島海荷ちゃんとの比較もでてきてましたが、川島海荷ちゃんもプロモーションに失敗したクチですねぇ。レプロからはよ逃げてー!

川島海荷 カルピス

お姉さんも心配です

週刊誌もどん引き?

今回の一連の独立騒動は、週刊ポストと女性セブンがレプロ側の記事を担当、対して週刊文春が能年玲奈ちゃんを擁護するような構図となりました。

しかしゴシップ大好きのレプロ側の週刊ポストと女性セブンも、無理やり書かされてる感がありありw。というのも冒頭にあったブチ切れ録音テープの内容が問題。たいした内容ではなかったようで「これをネタに叩くのは流石にムリ」と各週刊誌とも手を引いたといいます。

レプロ社長とポスト系の上層部が親しいことから安請け合いしてしまった結果、ポストは書くハメになったというワケです。

そこへ週刊文春が「お!ならうちは能年玲奈ちゃんの話聞くでぇ♪」となってオシシイところを持っていった感じ。うまくあおって売り上げ伸ばしていく気満々ですね♪

これからどうなるの?

レプロが業界でどれくらいの力を持っているのかに関係してきそうですね。能年玲奈ちゃん個人としての人気は「あまちゃん」出身の女優の中では高い方かなと予想。まぁ今は有村架純ちゃん一人勝ち状態ですがw。

あまちゃん女優

なので潜在的な需要はけっこうあると思うんですよね。エネゴリさんとかかわいいしね♪だから騒動が収まれば使いたい人はいくらでも出てくると思います。

でもいまはイメージにケチがついてしまった状態です。一回期間をあけた方がよさそうな気がしますね。ただ、その期間が長引いてしまうとヤバいかも。25くらいになっちゃって「エネゴリさんだぁ♪」とは言えないでしょうからw。

女子の特権海外留学って手もあるよ!
マリエちゃんもひっそり復活してるし♪
(ゝω・)v頑張るですよ!

記事の評価
スポンサーリンク
広告1
広告1

コメント

  1. 匿名 より:

    なんかかわいそうだなぁ

    コメント評価

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。